丸の内出張マッサージはリラックスした状態でマッサージを受けられる

マッサージ店のように周囲のお客が気になってしまってリラックスした状態でマッサージができないと思ってしまうこともあります。それはマッサージ店によってプライベートな空間の対策を講じているのが不完全だからです。マッサージ店において完全な個室での対応している店舗もあれば、そうした施設がない店舗もあります。ただカーテンや仕切り板だけの対策でお客同士が対面しないようするといった簡易式な対策しかしてない店舗もあります。そうした店舗ではリラックスした状態になるのは難しいです。確かに他のお客と顔を合わせないで済みますが、防音対策はないので声は筒抜け状態です。マッサージの施術中は気持ち良くなって気分が良くなるので自ずと声を出してしまいがちです。その声を他のお客に聞かれるのは恥ずかしいと思ってしまうと声を出すのをぐっとこらえてしまうこともあります。そこで、そうしたニーズを満たしてくれる出張マッサージのサービスが人気があります。このサービスはマッサージ師を完全なプライベート空間である自宅や宿泊先のホテルの寝室に呼べますので、他のお客に顔を合わせることも声を聞かれる心配もありません。そのためよりリラックスした状態でマッサージの施術を受けることができます。

日本経済の中枢をなす丸の内

丸の内とは、東京都千代田区の東部にある地区名のことです。徳川家康が江戸幕府を築く前は日比谷入江と言う東京湾の一部でしたが、1593年から埋め立てが開始されます。丸の内という地名は、江戸城の内堀と外堀の間に位置していることで、江戸城の内という意味があります。旗本の他、大名の藩邸があったことで大名小路とも呼ばれていました。

1872年(明治5年)の銀座の火事で一帯が類焼した後、陸軍の兵舎や練兵場が設置されます。1890年(明治23年)、兵舎などの移転費用を捻出するため、三菱の岩崎弥之助に150万円で土地が売却された後は、通称三菱ヶ原となります。1894年(明治27年)以降、三菱によってロンドンの街を真似た赤煉瓦のビルが建設され、「一丁ロンドン」(一丁は約100m)と呼ばれるようになります。

1914年(大正3年)に東京駅が完成すると、瞬く間に都心のビル街として発展します。現在では、官公庁を始め、日本の代表的な銀行や企業の事業所が林立し、日本経済の中枢をなしています。

丸の内には、丸ビルや新丸ビル、帝国劇場、東京国際フォーラム、パレスホテルなどがあります。なお、明治生命館は国指定の重要文化財になっています。ちなみに、東京駅丸の内口から皇居へ至るイチョウ並木は日本で最も美しい道路の一つとされています。